カテゴリ:子供をおしゃれに撮るコツ( 1 )

写真家が伝授!子供をおしゃれに撮るコツ(写真部門)




まずは最初に撮る側の気持ちも重要ですので
そこからお伝えしたい思います

お子さんの撮影の際は遊びの延長で
こちらが楽しそうに笑顔で接していると
いい表情が撮れます

命令口調は絶対にNGです
神社さんで七五三の参拝に来た親御さんが
お子さんに向けて高圧的な口調で
表情やポーズ指定をする場面をたまに見かけますが
これは絶対NGです
このやり方でお子さんが笑う事はまずありません

こちらが笑顔でもダメな時は
「これ終わったらアイス食べようか?」
などお子さんのテンションが上がる言葉を
掛けるのも一つの手です

1.人物写真は人を中心に構図を決めるので無く

背景(状況)に人をはめ込むイメージで撮ると
ストーリー性のある写真になりやすく
又、写真に写る部分は綺麗に片づけておく



空間を上手く使い、そこに人が入る事で
ストーリー性のある絵が撮れやすくなります
余計な物を写さない事も重要で
この写真で言えば赤ちゃんの枕元に
おむつなどが置いてあったら
とたんに雑多な生活感が写ってしまいます



屋外での写真も同様で
背景に看板などが写ってしまうと
写真がやぼったく見えます
余計な物が写らない状況を見つけ
そこに人を入れて撮影してみてください

2.ポジティブな雰囲気になる

明るめに設定して撮影してみよう



写真が明るく写る設定で撮影してみましょう
ある程度のカメラであれば
大抵露出補正が付いてるのでプラス補正してください
スマホの場合は液晶の暗部を指でタッチすると
明るく写る設定になりますが
撮影後にアプリ等で明るくするのも一つの手です

3.エモーショナルな雰囲気になる

あえて逆光で撮影してみよう



先程の明るく写る設定を利用して逆光で撮影すると
叙情的な写真になりやすいです

4.臨場感のある絵が撮れる

遠近感が強調される広角レンズで撮影してみよう



広角レンズは遠近感が強調される特性があります
その特性を利用して臨場感のある写真を撮影してみましょう
近くに寄るほど臨場感が出やすいです
※この写真は28mm(フルサイズ)を使用しています

5.ドラマチックな雰囲気になる

間接照明を使った写真を撮ってみよう



f0372304_19291682.jpg

間接照明を使った写真はドラマチックになります
ストロボ(フラッシュ)は発光させず
その場の光だけで撮るのがコツです

6.一体感が嬉しくなる

お揃い(リンクコーデ)フォトを撮ろう


ピンクの洋服でリンクコーデ


ライオンリンクコーデ

7.その時の記憶が蘇る

テーマや季節感のある写真を撮ってみよう





f0372304_19400158.jpg

f0372304_19430527.jpg

f0372304_19432789.jpg
クリスマス



8.子供が喜ぶ

小道具を使って撮影してみよう

f0372304_19445175.jpg

風船やシャボン玉を使った写真は
見た目もおしゃれで子供も喜んでくれて
かわいい表情が撮れる事が多いです







by leicaq | 2017-01-07 22:27 | 子供をおしゃれに撮るコツ